周りに気づかれずに「そっと」カードを伏せろ!ガキの使いでも紹介された『そっとおやすみ』のルール説明!

「ボードゲームで認知症予防の会」会長(自称)の石川です@naoquixote。次回のオレンジカフェで会員を募集します。と言っても定期的に僕とボードゲームをしようぜ!ってくらいのノリなので、堅苦しく考えないでok!とにかくボードゲームがしたいんだ!っていう今日このごろです。

今回も幼稚園生からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめる、簡単なルールのゲームをご紹介したいと思います!

何か月か前に、ダウンタウンの「ガキの使い」でも紹介されていたゲームのなかの一つです。

今回ご紹介のゲームの名前は「そっとおやすみ」です!

人数:3~7人用
難易度:☆   ※☆5が最高レベル
推奨年齢:5歳~無制限

中には4枚一組7セットの帽子カード、7枚のジョーカー、13枚のおねむちゃんカード、眠りの妖精コマが入ってます。

では遊ぶ準備をしましょう。

そっとおやすみのゲーム準備

帽子カードのセットとジョーカーをプレイ人数分用意します。それ以外のジョーカーと帽子カードは使わないので、しまっておきましょう。お眠ちゃんカードと眠りの妖精はあとで使うので、出しておきます。

今回は4人プレイの設定ですので、こんな感じですね。メンバーはいつものシロさん達です。人間を揃えてやりたいよ!笑

帽子カードとジョーカーをよく混ぜ、全員に5枚ずつ配ります。
これで準備完了です!

そっとおやすみのルール説明

このゲームの目的は、同じ形の帽子を4枚揃える事です。
ジョーカーはどの帽子の代わりとしても使うことが出来ます。

最初の人を決め、最初の人が「いらないな」、と思うカードを1枚選び、右隣の人に伏せて渡します。

ちなみに今回は説明しやすいようにカード立てを使用していますが、「そっと伏せる」事が要求されるので、手で持ってプレイすることをオススメします。

カードを受け取った人は同じように、自分の手札からいらないカードを選び、右隣りに伏せて渡します。

これを繰り返していくだけです。

4色揃ったら、他の人に気づかれないようにそっと伏せます。
(これは自分の手番じゃない時にやっても大丈夫です。自分のタイミングで伏せてください)

他のプレイヤーは、自分以外の誰かがカードを伏せたことに気づいたら、自分の手札がそろってなくても自分のカードを伏せます。

カードを伏せるのが一番遅かった人が負けとなり、お眠ちゃんカードと妖精の駒を受け取ります。今回はシロさんが一番遅かったので、シロさんがこの二つを受け取ります。

ガキ使では遠藤が上手かったですね。みんながワイワイしている最中に文字通り「そっと」伏せていました。

次のゲームは妖精の駒を持っている人から始めます。

ゲームを繰り返していき、13枚のお眠ちゃんカードが無くなったらゲーム終了です。お眠ちゃんカードを一番多く持っている人の負けとなります。

この状態だったら、今回は私が負けとなります。

どうでしょうか?

簡単な内容ではありますが、きちんと周りに目を配らないと失点してしまうゲームです。可愛い絵に騙されてはいけません、結構気が抜けないゲームですよ!

他の話で気をそらしながらそっと伏せるか、揃った瞬間にスグに伏せるか。
とにかく会話をしながらでも周りにの動向に注意していくが重要ですね。

そして自分も注目されてることも忘れずに。揃った!なんて顔がバレバレだとすぐに負けますよ。

また、実は7枚のジョーカーカードのおかげで、配ったタイミングで既に揃っているなんてこともあるので、素知らぬ顔で「スッと」伏せるなんて事もあり、非常に盛り上がる要素が沢山あります。

簡単ではありますが、ずっと続けるタイプのゲームでも無いかな?という印象なので、頭の体操程度に一つ持っていると良いかな~?というゲームですね。箱も小さいので飲み会や合コンなどに持っていくのもオススメかも。

101を超えたらアウト!UNOに似ているけど僕はneu(ノイ)が好き。

こんにちは!「ボードゲームで認知症予防の会」会長(自称)の石川です。まだ会員は僕だけです。誰か僕と友だちになってよ。@naoquixote

まあボードゲームは認知度がまだまだ世の中的には低い方なのですが、好きな人は滅茶苦茶ハマります。

でも現実的なところで

ボードゲーム→人生ゲーム
カードゲーム→UNO トランプ

って人が世の中の90%くらいを占めているんじゃないでしょうか。

逆に考えるとまだまだ普及できる層が多いという事ですね!夢がある!

ちなみに僕が紹介するボードゲームにはポリシーと言うかこだわりがありまして
『子供から大人までみんながワイワイ楽しめるゲーム』を中心にしています。
1ゲームに1時間以上かかる重厚で面白いゲームも沢山あるのですが、それではゲーム好きが集まって楽しむだけになってしまいますからね。インスト(ルールの説明 インストラクションの略)が5分以内に出来ないゲームはもっと要望が集まってから紹介することにします。

と言うわけで、今回も僕の好きなカードゲームを一つ紹介します。

「neu」

読めますか?『ノイ』と読みます。

neuの概要

neuはデザインもルールもUNOに似ている部分がありますが、頭を使うならこちらのゲームのほうがずっと楽しい!

中を開けると、ピンクのプラス数字カード(1-10、そして50)、緑のマイナス数字カード(-1,-10)、青の101カード、黄色の特殊カード、そしてチップが入ってます。

基本的には、出したカードの数字を足していき、カードの合計が101を超えたらダメだよ、というゲームです。
更にワイルドカードのような特殊カードの効果も似ているものがいくつか。
ただし、UNOは一人の勝者を決めるのに対して、neuは一人の敗者を決めるゲームになっています。

まずは詳しいルールの説明の前に、特殊カードの説明をしようと思います。

neuの特殊カードについて

TURN:カードを出す順番を逆回りに出来る ※UNOでいうところのリバース
DOUBLE:次の手番のプレイヤーにカードを2枚出させることが出来る。 ※こちらもUNOのドローツーに似ていますね。
※DOUBLEにより2枚出さなければいけないプレイヤーは、1枚目にはDOUBLEを出すことはできません。
※DOUBLEを出された人がPASS/TURN/SHOTを出した場合、次の人が2枚カードを出さなくてはいけません。
PASS:パスができる
SHOT:次にカードを出す人を指定できる
101:場のカードの合計が何であれ、場に出ている数を一気に101にすることが出来る。

では詳しいルール説明に入ります。

neuのルールと進行について

まずは準備から。

全てのカードをよく混ぜ、全プレイヤーに3枚配り、残りを山札として真ん中に置きます。
ゲーム名が書かれたチップも3枚ずつ配りましょう。

これで準備は完了です。
ルール説明なので、例によって相手はシロさん、ボンレス猫さん、金魚草さんです。ゲームは2~6人まで遊ぶことができます。

それではまず、じゃんけんなどでスタートプレイヤーを決めましょう。
そのあとは時計回りに順番が進んでいきます。
今回は僕がスタートプレイヤーということにします。

スタートプレイヤーは自分の手札の中から好きなカードを山札の隣に表向きに出します。
カードを場に出すときは、場に出すカードの数字を言いながら出しましょう。

カードを出したら、山札から一枚カードを補充しましょう。常に手札は3枚の状態にしておきます。※これを忘れがち。

次はボンレス猫さんの番です。

次から、プレイヤーは場に出ているカードと自分の出すカードの合計を言いながら出します。この場合、ボンレス猫さんは「60」と言いながらカードを出します。

そう!足し算引き算の暗算をしながら進むので、常に頭はフル回転で計算しないといけないのです。

シロさんの番。-10のカードを出したので、「50」

金魚草さんの番。ここで金魚草さんがワイルドカードの101を出しました。これで無条件で数字は101になります。
金魚草さん「101」

僕の番です。ここで-カードか特殊カードを持っていないとアウト。負けになりますが、運良く-1がありました。
「100」

ボンレス猫さんの番。
ボンレス猫さん「104・・・」

残念!ボンレス猫さんが101を超えてしまいました。
この回はボンレス猫さんの負けです。チップを一つ失います。

また新しいゲームを同じようにはじめ、チップを3つ全部失った人から脱落していき、最後まで生き残った人の勝ちです!

いかがですか?

簡単な内容ですが、算数や暗算が好きな人にはうってつけのゲームです!

頭も使いますし、生き残った人が勝ちなので、勝利したときはなかなかの達成感が感じられるゲームになります。小学生のお子さんの算数のお勉強、認知症の予防などにもかなり効果的だと思います。是非家族でプレイしてみてください!

という訳で4歳~60歳でプレイ!

う~んこのカードでは101を出された瞬間に負けてしまう…

そうなんです。最初の3枚次第では5秒で負けが決まる事もあるのがneuの醍醐味。

こんな風に-カードと特殊カードが混在しているのが理想ですね。

特殊カードだけでも大丈夫。逆に場を荒らして楽しみましょう。笑

結局この日はnewだけで1時間以上プレイしました。
時間を忘れてみんなで楽しめるゲーム。ルールは簡単、頭も使う。

一家に一個。neuはオススメですよ。

相手の裏をかく心理戦が楽しい!「ごきぶりポーカー」のルール説明!嫌われ者の害虫を相手に押し付けろ

こんにちは!「ボードゲームで認知症予防の会」会長(自称)の石川です。@naoquixote

今回ご紹介するゲームは、人狼などの騙し合い系のゲームが好きな人は絶対好きになるゲームです!

その名も・・・「ごきぶりポーカー」です!

ゴキブリやクモ、サソリなど、一般的に嫌われている生き物8種類のカードを裏向きで場に出していき、他の人に押し付けていくゲームです。

登場する嫌われ者は

ゴキブリ、クモ、ハエ、コウモリ、ネズミ、サソリ、カエル、カメムシ の8種類。

押し付ける際に、相手が嘘を言っているのか本当のことを言っているのか、見抜きながらゲームを進めていきます。

普通、ゲームって「ひとり勝者が決まる」ものですよね?
しかしこのゲームのユニークなところは、目標が「誰か一人を負けさせる」という所です。

なので、不利になり始めたプレイヤーは他のプレイヤーから集中攻撃されてしまうことが多いのです。
結構精神的に追い詰められますが、あくまでゲームなので(笑)楽しくやっていきましょうね!

ではゲームの説明に入ります。

ごきぶりポーカーのルール

このゲームは2~6人まで遊ぶことができます。
というわけで例によって相手はシロさん、ボンレス猫さん、金魚草さん、人数の関係でボンレス犬さんにも加わって頂きました。笑

まず、準備はとても簡単です。前述した8種類の嫌われ物のカード64枚(1種類につき8枚ずつあります)を
全プレイヤーに手札として配り切るだけです。

配り切ったらゲーム開始!

じゃんけんなどで最初の人を決め、最初の人が手札を裏向きのまま、好きな人に差し出します。
出すときは「これはゴキブリです」などと、生き物の名前を言いながら出しましょう。
この時に、嘘をついても、本当のことを言ってもOKです。

カードを出された人はここで行動を選べます。

行動①:勝負をする
「はい、これはゴキブリです」、「いいえ、これはゴキブリではありません」
などと言いながら差し出されたカードをめくり、相手が嘘を言っているのか本当のことを言っているのかを当てていきます。

カードをめくり自分が正解していれば、そのカードを相手に押し付けることが出来ます。

不正解の場合、自分がそのカードをもらわなくてはなりません。つまり、「自分に押し付けられた」ということですね。

押し付けられたカードは目の前に表向きで置き、溜めていきます。
押し付けられたカードはもう手札として使うことはできません。

行動②:別の人に勝負をしかける

この場合は、差し出されたカードを確認してから、別の人に同じように勝負をしかけることが出来ます。

『ああ、ゴキブリだね。俺はいらないや!』※実はゴキブリではないなど。

この時ももちろん嘘をついても良いですし、本当のことを言ってもOKです。
前の人と同じ生き物を言っても良いですし、嘘か本当か「いやいや、これゴキブリじゃなくてクモですよ」、と別の生き物を言ってもOKです。

この場合、自分が勝負をしかけている側なので、相手に正解されると自分がカードを押し付けられ、相手が不正解すると相手にカードを押し付けることが出来ます。

誰も勝負をせずにカードがぐるぐる回り最後の人が勝負をしかけられたら、その最後の人は絶対に勝負をしないといけません。

次のターンは、カードを押し付けられた人から始めましょう。

これを繰り返してゲームを続けていき、誰か一人が下記の条件を1つでも満たしたら、その人の負けが決まり、ゲーム終了となります。

ごきぶりポーカーの敗北条件

①同じ生き物のカードが4枚集まってしまった
②8種類の生き物が全種類集まってしまった
③使える手札が無くなってしまった

1のパターンで負ける事が一番多いパターンですかね。

相手が押し付けられたカードの枚数なども全てのカードの総数から予想し、「ゴキブリは既に残り1枚、ならばコレがゴキブリである確率は…?」なんて頭を使うゲームなので、単純ルールながら非常にシビアな選択を迫られることも。

例えば既に自分に3枚の害虫が集まっている場合、相手は負けさせようと4枚目の害虫を差し出してくる可能性が高いです。しかしそれを逆手に取って、相手は全然関係のない害虫を捨てにかかるかもしれません。

また、例えば既に自分のところにがカメムシが3枚溜まってしまった状態で、出せる手札がカメムシだけだったとしたら…

『これはカメムシです』とあえて正直に言うことで相手の裏をかくか、『これはカエルです』なんて自信満々に出してみるなんてやり方も、相手と場の状況に応じて必要になってきます。

そんな駆け引きを大人と子供が同じ土俵で楽しめる点がオススメですね。

あとは表情。平気で嘘がつけるポーカーフェイスの方は向いているんじゃないでしょうか。序盤から嘘をつきまくっていると相手は最終的に何が本当なのかわからなくなってくるのもポイントです。

実際やってみると、単純なルールの割には非常に盛り上がります!やはり騙し合いというのは騙して嬉しい、騙されて悔しい、と気持ちが全面に出るので盛り上がるんでしょうね。

こちらのゲームも老若男女問わず、4歳くらいからお年寄りまでみんなで楽しめます。親戚が集まるお正月などにやっても良いかもしれません。

ただ、ポーカーの要素はどこにあるんだ…?という謎は置いておきましょう。笑

「キャットアンドチョコレート」即興小話で困難を乗り切れ!キッズからお年寄りまで楽しめるカードゲームを解説するよ!

どうも!久しぶりの更新になります。ボードゲームにハマって周りの人に普及活動をしていたら、それがそのまま仕事になりそうな勢いの(@naoquixote)です。

ボードゲームカフェは都内には沢山ありますが、千葉には私の住んでいる市川や船橋にも全然無いんですよね。
だからボードゲームはしたくても人が集まらないと出来ない…

そんな悩みを解決するために、船橋のオレンジカフェ(認知症予防カフェ)にボードゲームを持ち込んで、みんなで楽しく認知症予防をしようぜ!と持ちかけたら、大好評!
『またやりたい!』という声が多かったので、毎回違ったゲームを持ち込みさせて自分も周りも楽しんでいます。win-winですね!

※今回は株式会社フィットさん(船橋の地域紙である「まいふな」山崎さんの運営する市場カフェ)にて認知症予防のボードゲーム担当として持ち込み、皆さんに体験してもらいました。


※写真では皆さん「ナインタイル」で白熱しています!

今度は自分でもオレンジカフェを開催したいな~なんて思っている今日このごろです。高齢者もキッズも一緒に楽しめるのがボードゲームの魅力。実現できたら面白いだろうなあ。
※次回は6/19 14時から市場カフェにて開催予定

さてそんな中、今回ご紹介するゲームのルールはとても簡単なので、6歳位の子供でも80歳の高齢者でもみんなで楽しめるのがこのゲームの特徴。

ゲームの名は・・・「キャット&チョコレート」!!
なんとも可愛らしい名前のゲームでが、実は日本ボードゲーム大賞にも選ばれたというかなり売れているゲームなんです。

このゲームは他にもシリーズが出てまして、「ビジネス編」、「学園編」など色々ありますが、ルールは全部ほぼ一緒。今回ご紹介するのは、「日常編」です。

では早速ルールの紹介をしていきたいと思います。

キャットアンドチョコレートのルール説明

まず、裏に1-3の数字が書かれている「イベントカード」があります。

これをシャッフルし、この「END」カードをどこかに入れて山札にしましょう。
(「END」カードの裏はイベントカードと同じ柄になっています。)


次に、裏にゲーム名が大きく書かれた「アイテムカード」があります。

シャッフルして各プレイヤーに3枚配り、残りは山札にしましょう。

以上で準備完了です!

キャットアンドチョコレートのゲームの流れ

今回のプレイヤーは人間が私しかいないので、シロさん、ボンレス猫さん、金魚草さんでのプレイ画像となります。笑

まず、自分のターンのプレイヤーがイベントカードを一枚山札からめくります。

イベントカードには様々な、困難なシチュエーションが書かれています。
手番のプレイヤーは、そのシチュエーションを乗り切る話を即興で発表しなくてはなりません。

その話するとき、プレイヤーは自分がめくったイベントカードの裏に書かれた枚数、自分のアイテムカードのものを話に練りこませなければいけません。

例えば、イベントカードが「アイドルに恋をした。仕事も勉強も手に付かない」
使うアイテムカードの枚数が1枚。自分が持っているアイテムカードは「おかん」、「卒業アルバム」、「ラブレター」だとします。

お話は例えば「この恋が実ることを祈って、そのアイドルにラブレターを書いて事務所に送る」なんていうのはどうでしょう?
真面目か!ってツッコミが来そうですが。

アイテムカードの言葉を言う時に、そのカードを真ん中に置きながらやりましょう。

お話の後、他のプレイヤーはイベントを乗り切れているか否かをジャッジします。
乗り切れているか否か、微妙に乗り切れてないけどおもしろいからOK、単純にすごい、など、基準は人それぞれです。
「せーの」で挙手し、半分以上のプレイヤーがイベントを乗り切れていると判断したら、お話しを披露したプレイヤーがそのイベントカードを貰えます。

残念ながら認めてもらえなかった場合は、捨て札となります。

お話を披露したプレイヤーは、使ったアイテムカードも捨て札にし、手札が3枚になるまでアイテムカードを山札から取ります。
(画像はお話が認められイベントカードを獲得し、ラブレターを捨て札にした状態です)

以上で1ターン終了です。

最初に山札に仕込んだ「END」カードが出るまで手番を続けます。

ENDカードが出た時点でゲーム終了です。ゲーム終了時に、持っているイベントカードが一番多いプレイヤーの勝ちとなります。

『即興でユーモアを混ぜた小話が作れる』というのはかなりハードルが高いように思いますが、アイテムカードとの相性で意外とあっさりお話を作り出せたりするんです。『自分にこんな才能があったのか…』と自画自賛したくなる時も。
だから『自分にはユーモアセンスがないから…』なんて方には逆にうってつけだと思いますよ。自信になります。

個人戦もチーム戦も盛り上がる

個人戦でももちろん良いですし、チーム戦もできます。
その時は、このチームカードを使ってキャットチーム対チョコレートチームになります。

チームカードは、もちろん平等になるように用意しましょう。(4人なら2対2、など)

このカードの使い方ですが、シャッフルし、ゲーム開始前に全員に1枚配ります。
そして、ゲーム中は伏せたままにしておき、ゲーム終了時に公開し、獲得したイベントカードが多いほうのチームが勝ちとなります。

なので、ゲームが終わるまで、自分のチームメイトが誰だかわからない、なかなかスリルを味わえる仕様となっています。

パーティーでやったら盛り上がること間違いなしのゲームです。『お前チームメイトだったのかよ!』的な。

ビジネスあるあるで盛り上がれる「ビジネス編」

日常編以外にも、先にも触れた、ビジネス編などもあります。こちらはお題がビジネスあるあるになっているので、社会人同士の対戦では非常に楽しいと思います。

イベントカードは「上司のヅラがズレている」
手持ちのアイテムカードは「高い酒」「夜の顔」「仏像」… 仏像!?笑

このお題なら皆さんはなんて答えますか?

まとめ

お題に対して頭をフル回転してコミュニケーション、その結果笑いも生まれて初対面でも仲良くできる。
そんな魅力が詰まったゲームです。

次回のオレンジカフェで、『やってみたい』という方がいたらこちらも持っていきますね!

それではまた!

10年間『パニック障害』と戦ってみて分かった、この病気とうまく付き合っていく方法。

今日ふと上に書いた一年前のFacebookのポストを見て、思い出したのでこんな事も書いてみようかなと思う。

 

定型的なパニック障害は、突然生じる「パニック発作」によって始まる。本能的な危険を察知する扁桃体が活動しすぎて、必要もないのに戦闘体制に入り、呼吸や心拍数を増やしてしまう[2]。続いてその発作が再発するのではないかと恐れる「予期不安」と、それに伴う症状の慢性化が生じる。さらに長期化するにつれて、症状が生じた時に逃れられない場面を回避して、生活範囲を限定する「広場恐怖症」が生じてくる。

wikipediaから引用

親しい人にしか話していないが、実は僕はパニック障害という病気と10年以上戦っている。

正確に言うと26歳の時に発症して、30歳の頃に一度落ち着き、勝手に断薬。そして普通に生活を送っていたらふとしたきっかけでまた発作に襲われた。それが33歳のとき。

もう自分の中では、パニック障害という病気は消えた!克服したと思っていたから非常に辛かった。

予期不安からパニック発作が発生する条件は人それぞれ

 

先にも書いたが、26歳の時に初めての発作に襲われた。

僕の場合のトリガー(予期不安を引き起こすパニック発作の入り口)は、首のコリから来る頭痛だった。

その日も酷い低気圧で、頭の後ろがズーンと重い感じを引きずりながら仕事をしていたら、突然部屋の中の空気が薄くなってきた気がした。

そこから、心臓がまるで100メートルを全力疾走した後のようなスピードで、バクバクと脈打ち始めて『あれ?コレって何?心筋梗塞?』なんて考えていたら、呼吸も浅くなって、息も吸えない状態に陥った。
僕は事務所を飛び出して、明治通りですぐにパトカーを捕まえた。本当は救急車を呼びたかったけど、手が震えて携帯で電話もかけられない状態だったから。

気を失いそうになりながら、日本赤十字医療センターまで連れて行ってもらった。
診察後に鎮静剤を打ってもらい、1時間ほどベッドに横になっていたら、症状は収まり、『あれ?さっきのは一体何だったの?』くらいの状態に戻った。
その日の診察結果は「過労」

その後も度々襲ってくる発作に耐えきれず色々な病院で診察を受ける

その日は3時間ほど会社を抜けていたが、戻った時にはもう普通の状態だからみんなで飲みに行ったのを覚えている。
で、翌日。胸焼けのムカムカから息苦しさがまた戻ってきて発作。

流石に怖くなって今度は救急車を呼んだ。しかし病院につく頃には発作も収まっていてなんだか申し訳ない気持ちにもなった。

近所の病院から大きな病院への紹介状を貰って、循環器科、神経内科、とたらい回し。心臓の疾患を調べる機械を一日付けての診断なども行った。

このパニック障害という病気は本当に辛い。突然発作が襲ってくるし、息は出来ない。腕や首が痺れてきて、酷いめまいに襲われる。首の周りの筋肉はガッチガチに硬直し、『このまま死ぬんじゃないか?』とは何度も思った。

幸い早期に様々な方からアドバイスを頂いたお陰で、適切な診察を受け、発作に襲われる事はそう多くは無くなった。1年も経つと、予期不安もほぼ無くなり、発作も年に数回程度、しかも数分で収まるような状態まで回復していった。

たまに来る予期不安とつき合いながら、5年間。

更にその後1年間は薬も飲まなくなり、自分がパニック障害持ちという事もほぼ忘れて生活していた。

しかし、治ったと思った病はまだ僕の中にいた。

去年の夏、6年ぶりに強力な発作が出てしまった。全身が痺れる程の発作だった。

断薬もして普通に仕事をして暮らしていたので、再発にはかなり落ち込んだ。※後で分かったが、急な断薬はこの病気には良くないらしい。

パニック障害に完治という言葉は無いらしい。寛解という表現が正しいらしいが、37歳の僕はまた寛解という状態からも遠ざかってしまったわけだ。

今回この記事を書こうと思ったきっかけは上に書いた通り。
あの感覚を思い出すと手が痺れるほどではないが、僕のAppleWatchは毎分の心拍が119くらいまで上がってしまった。

でもその予期不安は少し車を止めて発作対策のルーティーンを行なって休憩したらすぐに治った。そう、自分の中での対処法がある程度まとまってきたらそんなにひどい発作にはならないって事もここ数年で身に付けたスキル。

  • 7年間の間に起きた発作とその対処方法を共有したい。

発作が起きた時にまずした事は、『目眩 動悸 対策』とGoogleで検索する事だった。

※発作が初めて出た時はパニック障害という病気をそもそも知らなかった。

今でこそある程度認識されてきた感じのあるパニック障害という病気だが、当時はネットにもそこまで情報は無かったと思う。

自分がパニック障害と分かってからは『パニック障害 対策』と検索してみたが、出てくる結果の大半は『大丈夫。パニック障害では死ぬ事はありません。』という『まずは落ち着いて深呼吸を…』という様な内容。

発作で死ぬ事は無くても死にたくなるくらい辛い。何をして良いか分らなくてパニックになる。そして心拍数増加、めまい、過呼吸の悪循環。

そんな時に落ち着いて深呼吸も何も無い。

それよりも、発作を起こした時の実体験から得られた自分なりの対処法を綴っておくので、合う合わないは別として参考にして欲しい。

  • 自分に合った対処法を見つけて欲しい

これは呼吸法でも、常に持っているお守り代わりの薬でも、なんでも。

リラッックスする為の方法をまとめて、発作時のシチュエーションにあった対処法をまとめておきたい。

そして出来れば同じくPDと現在進行形で向き合っている人とこのブログを通じて交流してみたい。

  • パニック障害でも普通に生活は出来る。

自分から『僕はパニック障害です』と周りに言うのは気が引けた。

なんだか恥ずかしい気がしたから。

でも現在は芸能人がカミングアウトしたりしてPDという病気の認知度もある程度高まってきた。

信頼できる人には言ってしまえば良い。全然恥ずかしい事でもないし、楽になれるから。

そうすれば周りの人のサポートも望める。僕は厚かましいくらい周りに頼って辛いときも乗り切ってきた。

自分だけで治そうとするから難しくなる。

正直、ブログでこんなことを書くのはちょっと自分のキャラではないかな?と思ったけど、情報を簡単に共有できるツールがあるんだから、使わないのは損だと思ってパニック障害についても書いていくことにした。

このカテゴリでは初めて発作が起きた時の体験談から、現在に至るまでの経験、現在発作を抱えながらどう社会と向き合っているか。

そんな事をつらつらと書いて行こうと思う。

パニック発作は克服するのではなく、上手くつき合って行けば良いんだと思う。

どこまで行けば寛解という状態なのかは分からないけれど。

3月7日 3(サウ)7(ナ)の日はサウナに行った?サウナ・スパ健康アドバイザーがサウナの健康効果について語るよ

実は今年の頭に、仕事には全く関係の無い「サウナ・スパ健康アドバイザー」という資格を貰った。

特に何か特典があるわけでもないが、「好きなものに詳しくなりたい」というのは動機としては普通なんじゃないかと思う。※もっと他に仕事に役立つ資格を先に取れよという声は無視する事にして…

という訳で久しぶりのブログ投稿のきっかけは、昨日がサウナの日(3月7日)だったと気づいたから。サウナ好きを自認する私としてはとんだ失態だ…

今日こそサウナに行って、昨日の自分を反省しつつゆっくりとリフレッシュしてこようと思う。

サウナにハマった理由

で、なんでそんなにサウナにハマったかというと、およそ15年前、実家の隣にできたスーパー銭湯「みなとの湯」の存在が大きい。

それまでは、銭湯といえば番台があって、富士山の絵があって、サウナはあっても5~6人入れば満室という簡易サウナしかイメージが無かったが、みなとの湯では30名は入れるんじゃないかというタワー型サウナ(5~6段の階段型サウナ)があり、水風呂も広々していて、それまでの概念がひっくり返った記憶がある。

当時は水風呂が苦手で、サウナも5分と入っていられなかったのだが、ちょっとずつ慣れていき水風呂とのセッションを繰り返しているうちに、なんだかとてもフワフワした多幸感がおとずれてきて、今で言う「ととのった!」という状態になったのがサウナにハマったきっかけ。

それ以来、週に1度はサウナに行かないと禁断症状が出るほどハマっている。

サウナの何がそんなに良いの?

サウナ・スパ認定アドバイザーの教科書にも詳しく説明があるが、サウナを最もオススメしたい点はその健康効果にある。

デスクワークが主流で、運動もあまりしないという人は基本的に血行が悪い。代謝が悪いとも言えるが、そもそも体中に栄養を運ぶ血流が滞っているという事は健康とは言い難い。

身体を温めると汗腺が開いて、汗をかく。汗をかくと体中の老廃物も身体の中から排出されてデトックス効果も抜群。

肩こりや腰痛など、血流が滞ることで起こる身体の不快感も、身体を温めるだけでかなりの改善効果が見込める。コレだけでも十分オススメしたい理由。

併せて、水風呂が好きになってくると、サウナも10分×3セットくらい入れるようになる。
熱さと冷たさ、これを交互に繰り返すと、交感神経と副交感神経が刺激されて心地よい多幸感に包まれる。
これを漫画家のタナカカツキ氏は涅槃を意味する「ニルヴァーナ」と表現したが、強ち遠くない表現だとも思う。これがいわゆる「整った」状態。

詳しくは漫画「サ道」をご覧ください。

フィンランドの格言には『女性が一番美しいのはサウナを出た1時間』ともあるくらいだから、美容効果も半端ない。サウナ好きな人の肌は老廃物が詰まっていないので、ツルツルしている。
小鼻の角栓なんかも、サウナの熱と汗で溶けちゃうので、鼻パックなんてやるくらいならサウナ3セットをオススメしたい。

マナーを守って楽しいサウナライフを

数年前から「プロサウナー」などという言葉が出来るくらいジワジワ流行ってきているサウナ業界だが、まだまだマナーまで浸透しているかと言ったらそうでもない気がする。

サウナもお風呂も集団で入るからにはマナーを大切にしたい。
湯船に入る前は、しっかり身体を洗ってからは当然。

サウナに入る前は、水滴をしっかり拭く。周りの迷惑になるような大きな声での話は極力避ける。これもフィンランドの格言に『サウナに入る時は教会の中にいるようにせよ』とある。が、僕はキリスト教徒ではないので、なるべく静かに瞑想するようにするくらい。友人と一緒なら楽しく話すくらいは良いと思っている。

この辺りはサウナ室では守られているが、水風呂でのマナーは守ってくれない人が多い。

  1. 汗を流さずに水風呂へドボン
  2. 水風呂で頭まで使って顔バシャバシャ
  3. タオルまで水風呂に入れちゃう

これ全部コンプリートしてやっちゃうオジサン、心当たりがあったら改めましょう。水風呂は心も身体も一度冷やして次のサウナに繋げる大事なスポット。決してオヤジの出汁をとる場所ではないのです。これだけは不快なので、見かけたら注意しますがたいてい逆ギレされてしまいます。何故なんだろう…

あと、勢い良く水風呂に飛び込むと最悪心筋梗塞で死にます。心臓に遠いところから徐々に入っていくようにしましょう。

またサウナ好きには血管系の疾患が多いという迷信のようなものがありますが、サウナに入ったからではなく、水分を補給してないから。
カラッカラに乾くまでサウナで汗を流してから飲むビールは最高ですが、水分不足で入るサウナほど危ないものもありません。

身体の水分が枯渇すると血液がドロドロになり、いわゆる血栓ができやすい状態になります。ただでさえ心拍が上がって血圧も上昇している状態です。
出た分以上の水分を補給するつもりで、一回サウナに入って水風呂でリラックスしたら必ずお水を飲みましょう。

まぶたがピクピクするいわゆる「目ピク」なんかもサウナに行った日には即改善。

眠りも深くなり、翌日はスッキリ目覚められる事うけあいです。

という訳で、今日は仕事が終わったら船橋の「湯楽の里」か本八幡の「柳湯」でリフレッシュ予定。

皆さんも正しいサウナ知識を身につけて、楽しいサウナライフを!

フランス生まれの陣取りボードゲーム『ブロックス Blokus』が認知症予防に最適だったので91歳の祖母とガチンコ対戦してみた!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。久しぶりにゆっくりと休めました。が、3日から通常営業です。
今年もよろしくお願いします!

さて、話を2017年の年末に戻します。我が家は祖母の兄弟が多かったこともあって、1月1日は姪っ子なども含めると総勢14人が集まります。

オジサンチームはお酒を飲んでおせちを食べてと、毎年大騒ぎなのですが、小学生の子供たちが暇になってしまうので、みんなでワイワイ楽しめるアナログゲームは何かないかな?と探していたところ、ちょうど良いパズルゲームを見つけたので、紹介します!

例によってテストプレイの相手は石川百合子(91歳)

ちなみに百合子婆ちゃんは最近認知症が進んでいて、とうとう要介護認定を受けてしまいました。さすがにいつも明るい婆ちゃんも『私はどんどん馬鹿になっちゃうから…』なんて落ち込んでいたので、一緒に楽しみつつ認知症の進行を遅らせる程度に頭を使うゲームを探していました。

僕が今進めている『ボードゲームで認知症予防』では高齢でも低年齢でもみんなで楽しもうがコンセプトなので、百合子婆ちゃんが覚えられるゲームがちょうど良いのです!

それでは解説に参りましょう!

ブロックス(Blokus)のルールを説明するよ!

ブロックスは2人~4人まで対戦ができます。※チーム戦なら8人参加したってOK!
そしてルールは単純なようですが、かなり頭をつかう設計になっています。

まずブロックの置き方。対戦用のブロックは赤青緑黄の4色!非常に配色がキレイなので、ゲームが進むと盤面もカラフルに彩られていきます。

4人全員が違った色のブロックを持ち、四隅に配置するところからゲームが開始になります。※二人の場合は2色ずつ持って時計回りで順番にピースを置いていきます。

これだけだと形の違うブロックをはめていくだけのゲームかな?と思いますが、置き方にもルールがあります。

自分のブロックは角と角が接するように置かないといけない

これだけだと「??」となりそうですが、画像で説明します。

このように自分のブロックは角で接してもOKなのですが、辺で接するのはNGとなります。※他のブロックの辺と接するのはOK

こうしてゲームを進めていくと、相手の陣地に攻め入るのか、自分の陣地に攻め込まれないように防御の陣をしいていくのか、序盤からかなり頭をつかうことになります。でも最初のウチはテキトーに置いていって、抜け道を見つけるのも楽しいです。

そしてゲームが進んでいくと、大きな隙間がなくなっていくので、次第にブロックを置くスペースが限られてきます。

 

例えばこんな場合

あの相手の中のスペースに真四角のブロックを置きたい。でも角が接していない。

そんな時は1駒だけのブロックを隙間に置いて、角をつなげていくことができます。

ちなみにこの1ピースは非常に大事なブロックなので、最後の一個をこのピースで上がった場合はプラス10点のボーナスがあります。

その中で、全部のブロックを置いたらボーナスとして15得点。逆におけなかったピースはマイナス得点として数えていきます。

最終的に何ゲームか対戦して一番プラスになった人が勝利します。

91歳、認知症レベル要介護1の祖母とガチンコ対戦

私が青と緑、祖母が赤と黄色のブロックを持ってスタートです。

ルールは単純なので、こちらがヒントを少し出すだけで、どこに置くか理解してくれました。

勝負も煮詰まってきました。

と思ったら、ヒントを出しすぎて祖母は黄色を全部置いて勝利!私は緑と青が少し残ってしまいました。

結果

私は青と緑の置くことが出来なかったブロックの合計が56ピースなのでマイナス56点

祖母は黄色を全て置いたのでボーナスポイントで15点、赤はピース39余ってマイナス39点。合計するとマイナス24点で祖母の勝利です!

誰でも簡単にルールは覚えられるが、戦略は複雑!

勝利して満面の笑みの祖母。

最初のうちこそ、辺と辺をつなげて置いてしまったりと、小さな間違いが目立ちましたが10分もすればルールは把握できて、楽しく一緒に遊ぶことができました。

ルールがシンプルで、戦略性があるというのが楽しいゲームの条件ですね。ルールが複雑なゲームでも名作は沢山ありますが、全年齢層で一緒に遊ぶならこんなゲームが一番です!

実際お正月にも小学校1年生、私(37歳)、叔母(58歳)、従兄弟(38歳)で白熱した勝負ができました!

こうして世代を越えて盛り上がれるのが良質なアナログゲームの醍醐味ですね!

次回はブロックスと同じように盛り上がったカードゲームのneuも紹介したいと思います。

2018年6月追記:6月17日に放送される『ガキの使いやあらへんで』でもブロックスが取り上げられるみたいですよ!楽しみ!

相手の心理を読め!1対1のボードゲーム「ガイスター」が面白すぎてハマると相手に嫌われるかも 笑

立て続けに、1対1で楽しめるボードゲームの紹介です。

その名もガイスター!
1982年に発表されたとても歴史あるゲームなのですが、アナログゲーム自体の知名度が低いこともあって、周りで知っている人が少ないという現状を変えたいと思って今回の投稿となりました。

ガイスターはアレックス・ランドルフという、ボードゲーム界では神様のような存在の方が作ったゲームでして、このガイスターの他にも名作ゲームが目白押しとなっています。※他のゲームも随時紹介していきます。

ルールは将棋やチェスに似た、盤面を移動して相手の駒を取るか、目的の位置まで自分の駒を運ぶだけというシンプルなゲームなのですが、一つ特徴的な工夫があることで、このゲームを非常にスリリングかつ「心理戦」の要素も入った名作ゲームとして君臨させる要素となっています。

ガイスターの遊び方

裏箱の説明にもあるように、このゲームの肝は「心理戦」です。ルールも単純なので、子供でも年配の方でもすぐに楽しめる上に、年齢に関係なく勝利することもできる、非常に良いゲームバランスとなっています。

さてルールの説明です。

まず、ゲームには赤いお化けの駒8個、青いお化けの駒8個があります。
これをお互い赤青4個ずつ自陣にランダムに設置して、ゲーム開始となります。

写真で分かる通り、自分からは赤いお化け、青いお化けの配置がわかりますが、正面の相手の駒はどれが青でどれが赤なのかは全く分かりません。

この全ての駒は将棋で言うところの王将と同じ動きができます。逆に言えば王将以外の動きができる駒はありません。

勝利条件は3つ

・交互に駒を動かしていって相手の青のお化けを4つ取ったら勝ち
・逆に相手に赤のお化けを4つ取らせても勝ち
・盤面の四つ角にある矢印を青のお化けで通過したら勝ち

これはもう相手の駒も周りにありませんし、青のお化けが相手の陣地の最後まで侵入したのでチェックメイトです。

逆にこの場合は、相手に青の侵入を許してしまったので、負けとなります。

プレイ中のハラハラ感がたまらない

 

例えばこの状態。相手の赤のお化けをもう一つ取ってしまった時点で負けとなります。

自分からは全ての配置が見えていますが、このまま右上の赤を相手陣内に侵入させ、赤と思わせて相手に取らせてしまえば勝ちとなります。しかし、邪魔をしてきた相手の駒を取って、それが4つ目の赤だった場合は負けとなります。

※ただし、赤のお化けは相手の↑の向こうに抜けることはできないので、矢印まで到達した時点で相手が取ってくれなければ、その次のターンで動くことが出来ないので、赤とバレてしまいますよね。

なので、青でガンガン攻めて、全て取られてしまっても負け。青と思わせて陣地に侵入しても、赤と看破されてしまって取ってもらえなくてもダメ。と相手の心理をどう誘導するかという一点にこのゲームの面白さが詰まっていると言っても過言ではありません。

絶対に1回では終わらない 笑

 

運の要素よりも、どう相手を出し抜くかという心理的な要素が強いゲームなので、負けた相手は悔しくてどうしても『もう一戦!』と言ってしまいます。

一ゲーム5分~10分で決着がつきますが、気がついたら20ゲームくらいして2時間以上経過していたなんてこともザラ。

相手の心理を読むのが苦手、ポーカーフェイスが出来ないという方はこのゲームで嘘をつく練習をしてみては?w

ちなみに僕、結構強いです。詐欺師の才能あり?

お値段も2800円と手頃なので、簡単なプレゼントとしても喜ばれるかもしれませんね。

 

 

認知症予防にも良いかも!フランス発のボードゲーム「Quarto! クアルト!」が単純ルールながら盛り上がる!※対象年齢6~99歳!

最近教室で、小さなお子様がいるお母さん方から『息子がスマホばかりして困っている』『アプリの使用制限などはできないの?』というような質問を受けることがあります。

確かに最近のスマホゲームは良くできていて、小さな子供でも説明書ナシに勝手にプレイして、そのままどっぷりハマっちゃうというケースを多く見てきました。
3歳児程度でも、youtubeを開く→アンパンマンの動画を検索する→没頭。
なんて光景も。
それがスマートフォンの特性でもあるんですよね。直感的に操作できて、いつの間にか使えるようになっている。
それ自体は悪いことではないのですが、「一人でずっとゲームをしている」という状態は確かに良くないとは思います。

かの高橋名人(古い?w)も『ゲームは一日1時間まで!』と仰ってました。
とはいえ面白いゲームを1時間で止められるわけもなく、親にゲームを隠されたりという経験は誰もが遠ってきたのではないでしょうか?

で、話を戻しますがゲーム自体は悪いことではないのです、そこから論理的な思考力や、雑学などを吸収できる良質なゲームもありますし、使用制限をしたところでそれはスマホの利便性も残ってしまいますし、何より子供の自主性の教育という点ではあまり厳しく規制する事でいい結果が生まれるとは思えないのです。
※私がそうでしたから。

懐古主義ではないですが、昔のゲームは良くも悪くも、『みんなで楽しめる』というコミュニケーションの要素が多くあったように思えます。
一人だけでガチャを周したり、ポチポチパズルを解いているだけではコミュニケーションは発生しないですからね。その点を気にしている親御さんが多いのだと思います。

で、解決策としては『親御さんも一緒に参加できるゲームをプレイしたらどうですか?』という提案をしています。
それもデジタルではなく、懐かしのアナログゲームです。
これなら、一人では出来ませんし、親子でのコミュニケーションの機会も増えます。

僕らの世代では、人生ゲーム、モノポリー、UNO、この辺りをやったことがない人の方が少ないんじゃないでしょうか?特にお正月なんかは親戚同士で大盛り上がりした思い出も。

しかし、そのような有名ゲームの他にも世の中には沢山の隠れたボードゲームの名作があります。
本日はその中からフランス発の二人用対戦ボードゲーム「Quarto! クアルト!」の紹介をしたいと思います。

クアルトの特徴

端的に言えば、このゲームは「四目並べ」とほぼ変わりません。
4×4のボードの上に、形の異なる駒を並べて、特定の条件を満たした場合に勝利となります。

ただ、このゲームが一風変わっているのは、自分が次に置く駒を選べないということ。
手番が終わったら、相手に残りの駒の中から任意の形の駒を渡し、それを順番に置いていくという流れになります。

1993年発売のゲームですが、数々のゲームの賞を受賞しています。

特徴的な駒は、形、色、高さ、穴の有無で、合計8種類

形(四角 or 円)
色(木目 or 黒)
穴(有 or 無)
高さ(低 or 高)

さて、これらを踏まえてゲームのルールを説明していきます。

クアルトのルール

まずはジャンケンでもサイコロでも良いので、先行を決めましょう。

ここで先行は、一つ好きな駒を相手に手渡し、置いてもらいます。
後攻は、駒を置いたら、今度は次の駒を相手に手渡して、16マスのボードの何処かに置いてもらいます。※どこにおいても自由。

この様に駒を手渡ししながら、8種類の駒で特定の条件を満たした4列を作った側が勝利となります。

例えばコレ。

色、穴あり、高さと全て違いますが、形が四角で統一されているので、この時点で勝利条件確定です。勝った場合には声高に「クアルト!」と宣言しましょう。
※ここで、勝っていることに気づかず、相手に指摘されたら逆に負けとなります。

勝利条件一覧

・全て同じ色で揃える
・全て同じ形で揃える
・全て同じ高さで揃える
・全て穴ありで揃える
・全て穴なしで揃える

たった6個の勝利条件なのですが、高さや色狙いで置いていったら、相手に形で揃えられてしまうというような事も多々起こるのが、このゲームの面白い所。

この画像を見て、どこが勝利条件を満たしているのか一瞬でわかった人はセンスあると思います。

正解は 穴なしの1列ですね。すぐわかりました?

詳しい遊び方の動画もありました。

実際に91歳の祖母とクアルトで遊んでみた

ルールは簡単なので、対象年齢6歳~99歳というのも頷けます。ただ、終盤ではかなり頭を使った戦略や注意力が必要になります。

そこで、91歳の祖母と対戦してみることにしました。実家の祖母は7年前に祖父を、4年前に愛犬を亡くしてしまってから、認知症気味になり現在は「要介護」一歩手前の「要支援」という状態です。
少しずつ昔できたことができなくなっているような感じですね。
それでもルール自体はすぐに把握していました。

頭を使って色々考えてを繰り返すウチに、脳細胞が活性化してくれないかな?という願いも込めて、本気でお相手いたします。

置く場所に困って『ヒントをくれ』というお婆ちゃん。

ヒントをあげつつ、2回ほどプレイしたら一人でもできるようになりました。ついでに『久しぶりに頭を使って気持ちいい』という感想もいただきました。
うん。それが狙いだったからね。

で、その後は33歳の弟と、66歳の父がガチンコ勝負をしていました。

結果→父惨敗。笑 

こういったゲームであれば、コミュニケーションの機会も増えつつ、スマホゲームを規制するまでもなく、お子さんから祖父母まで一緒に楽しめて良いんじゃないでしょうか?

クアルトはminiバージョンと、駒とボードが少し大きく高級感のある通常バージョンがあります。

これからクリスマス、お正月と人が集まるイベントが多くある時期。プレゼントとしても喜ばれること間違い無しですよ。

2017年明治安田生命Jリーグ終了!リーグ中断時期の為に、DAZNの解約と休会の方法を教えるよ!

最終節までもつれ込んだ2017年明治安田生命Jリーグは、川崎フロンターレの大逆転優勝で幕を閉じました。

私は生粋の浦和レッズファンですが、中村憲剛の涙にはグッと来るものがありましたね。シルバーコレクターとか揶揄されていた事も、全て吹き飛ばすような快勝。川崎サポーターの皆様、おめでとうございます!小林悠の得点力、チームとしての爆発力、全て優勝に相応しいチームであったと思います。

さて、そんなJリーグですが、DAZNが放映権を獲得したことで地上波での放送はほぼありません。

DAZN

無料
(2017.12.15時点)
posted with ポチレバ

サッカーファンは必然的にDAZNを使って視聴する事になるのですが、Jリーグには中断期間があります。

DAZNは他のスポーツや、欧州サッカーも月額1750円で観放題となるので、『Jリーグの為だけに契約した』という人以外には関係ない話かもしれませんが…
他のスポーツに興味が無い方は、12月~2月末までは無駄にお金を払うことになってしまいます。

私もそのクチですので、解約しようとしましたが、アプリを開いてみてもログアウトの項目くらいで、「退会」に関するボタンが見当たらない。

そこで、本日はDAZNの解約及び、休会方法についての解説をしてみたいと思います。

 

DAZNの解約・休会の方法

まずはアプリではなく、Webサイト、もしくはスマートフォンのブラウザからDAZNにアクセスします。

下の画像クリックでDAZNのサイトに飛びます。

 

アクセスしたら、自分のアカウントでサインインしましょう。

 

 

サインインすると、DAZNアプリで開くように促されますが、こちらからは解約手続きは出来ないので、キャンセルをタップして下さい。

 

 

次に画面右下の「設定」から「マイアカウント」をタップして解約手続きに進みましょう。

 

 

iphoneⅩなので、ホームバーに隠れていますが、一番下に「退会」のボタンがあります。

 

 

で、こちらからすぐに退会もできるのですが、来期もJリーグはDAZNが独占放映権を継続しているので、リーグ開催と共に視聴を再開したい方は「支払いの一時停止」も選択可能です。

 

 

最大で4ヶ月の視聴停止ができるので、カレンダーを押して利用再開日を決めておきましょう。

 

 

私は3月3日の土曜日の試合から再開できるように設定しました。

 

 

ちなみに2018年のJリーグは2月24・25日に開幕ですが、開幕戦は基本的にスタジアムで観戦する予定なので、第二節からの視聴再開です。

 

上の画像のように、停止中に観ることができないビッグマッチなども表示してくれるので、もし見逃したくない試合があった場合はここで日程の再調整をすればOK。

 

DAZNの独占契約はいつまで?

 

報道されている内容では2017年からの10年で2100億円の大型契約、Jリーグに対しての恩恵も大きい、大スポンサー様のDAZN。

J1での順位に応じて支払われる賞金が大幅にUPしました。

 

2017年~2019年までの賞金などの内訳は下記の通り

優勝チーム:翌年10億円、2年目4億円、3年目1億5千万円
2位チーム:翌年4億円、2年目2億円、3年目1億円
3位チーム:翌年2億円、2年目1億5千万円、3年目なし
4位チーム:翌年1億8千万円、2、3年目なし

これは優勝したチームの翌年の補強にかなり余裕ができますね。

 

川崎フロンターレは3年に渡って10億円、4億円、1億5千万円と、J1の均等配分3.5億円が支払われるので、相当潤沢な補強ができそうです。

ちなみに浦和レッズもACLの出場や、新しいスポンサー契約などで営業収入が80億円超えとの噂。

来年の各チームの動向が気になりますね。

さて話を元に戻しますと…

DAZNの休会期間中に浮く金額

1750円×3ヶ月=5250円。

なんだか小さい数に見えますね…笑