【映画】「カメラを止めるな!」Tシャツと併せて、監督役の濱津隆之さんが着ているアロハシャツが欲しくて購入しちゃた件

カメラを止めるな!Tシャツ

スポンサーリンク

まだカメラを止めるな!熱が冷めやらぬ@naoquixoteです。こんばんは!映画を観たらグッズをすぐ買うミーハーな38歳。今回も「カメラを止めるな!」の英題が書いてあるオリジナルTシャツ「ONE CUT OF THE DEAD」Tシャツを購入してご機嫌です。

カメラを止めるな!Tシャツ
※スタッフに写真を撮ってもらってゾンビポーズ。後で見ると恥ずかしい…

併せて映画を観ている時に、パンフレットにもデデーンと載っている、日暮隆之監督役の濱津隆之が着ているアロハシャツも気になっていたんですよね。
↓↓
カメラを止めるな!パンフレット

ちょうど秋風も涼しい季節でもう一枚羽織れるし良いなあと思って検索をしていたら、このツイートを発見!

で、上記のツイートにカメ止の衣装担当のふくだみゆきさんからリプライが!

どうやらこのルーシャットのアロハシャツで間違いなさそうとのことです。

スポンサーリンク

早速Amazonでルーシャットアロハシャツを購入

色も18色展開で、値段も1680円とお手頃価格!

カメラを止めるな!アロハシャツ

青もいいなーと思いつつやっぱりミーハーな私は映画と同じカラーを選択。

カメラを止めるな!アロハシャツ

超ドヤ顔。秋も近いのにアロハ!

ちなみにさっきからミーハーミーハー言ってますが、語源はあまり知らずに使ってました。

Wikipediaさんによると

めちゃくちゃ長い。笑
まあ当時から流行りものに飛びつく人を揶揄して使われていたって事ですね。
別に良いじゃない!好きなんだもの。

という訳で暫くコレを羽織って、ゾンビウイルスを蔓延させる活動にいそしもうと思います。
映画を観た人は酒でも飲みながら一緒に感想を語り合いましょう!

ではでは。

スポンサーリンク

オンラインストア

スポンサーリンク

R3 LABO ONLINE

オンラインストア

『鉢の足元にもデザインを』

をコンセプトに3Dプリンターで制作された受け皿です!

単なる水受けとしてではなく、鉢の足元に存在感が出るように大き目のスタッズを等間隔に配置。上下の縁もスタッズに合うようエッジを効かせました。

また内部も、鉢全体の重量を「面」で受けられるハニカム構造を採用し、強度を高めました。

各部屋を区切らずに柱で支えているため、下で受けた水分が偏らないように設計しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

石川 直紀

大学時代に歌舞伎町の客引きのアルバイトから始まり、数々の職を転々としつつ大学時代に独立し起業。
現在は千葉県船橋市でパソコンスクールの経営と、PC・スマホの出張トラブルサポート事業、小学生向けのプログラミング教室を展開中。
現在は植物沼にどっぷりハマり、3Dプリンターを使って鉢や受け皿をデザインする毎日。
自作の受け皿はBASEにて販売しています。