糖質制限・ボディメイク中でも大丈夫!小腹が空いたときのおやつに最適な「ロカボナッツ」をご紹介。

スポンサーリンク

先日、教室の小学生から『いつも先生のおやつ勝手に食べちゃってるからコレあげるね!』とプレゼントを貰いました。

 

どうやら私のデスク上に置いてあるローストアーモンドをいつも少しずつ拝借していたらしく、そろそろ無くなっちゃいそうなのでこれで補給してくれ!とのこと。

 

ナッツ類はカロリーが高く、食べ過ぎると太るのでは?という印象を持ってい方も多いかと思いますが、実は小腹が空いたときのおやつとしてはかなり優秀なんですよ。

その理由を説明します。

 

実は低糖質で腹持ちも良い、栄養満点なナッツ類

 

ロカボナッツ

 

こちらの「ロカボナッツ」にはクルミとアーモンド、ヘーゼルナッツが小分けで入っていて、良質な栄養を補給するのにピッタリ。油などで揚げたり、味付けはされていませんが、ナッツ本来の味だけで十分に美味しいのも特徴です。

 

クルミの効能

 


ビタミンEを豊富に含み、抗酸化作用が高く、体に炎症が起きるのを防いでくれる効能の他、糖質をエネルギーに変換する為に必要なビタミンB1、男性のパワーの源、鉄、亜鉛なども豊富に含んでいます。

体内の中性脂肪値を下げ、脂肪の燃焼を助けるオメガ3脂肪酸もナッツ類ではナンバーワンの含有量。そしてクルミは美味しいです。味付け無しでもポリポリいける。

 

アーモンドの効能

 

アーモンドは揚げてあるものはダメですが、皮付きで無添加のローストアーモンドは非常にお薦めです。

こちらもクルミよりも含有量の多いビタミンE、ビタミンB1、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛などのミネラル分が豊富に含まれています。

更に、アーモンドに含まれる脂質は殆どが不飽和脂肪酸。これは体内の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールの増加に役立つので、主に血液サラサラ効果などが期待され、脳卒中、動脈硬化などの危険性などを減らしてくれる働きがあります。

また、アーモンドは100g辺り18gのタンパク質が補給できるので、高タンパク低糖質で腹持ちも良いスーパーおやつと言えます。

 

ヘーゼルナッツの効能

 

こちらも抗酸化作用が期待されるオレイン酸が多く含まれていること、タンパク質、良質な脂質もたくさん含まれています。

ただ、他のナッツに比べるとカロリーは高め。一日に20粒程度が目安だそうです。

 

ロカボナッツ

 

こちらは小分けにされていて、一袋30gに含まれる糖質はたったの1.6g。糖質制限中の方のおやつにはもってこいですね。袋を空けてみるとクルミとアーモンドに比べてヘーゼルナッツは少し少なめ。

 

私はこれらをナルゲンボトル(キャンプなどで使う水を入れるボトル)に入れて、小腹がすいた時にポリポリやっています。

 

ナルゲンボトルとナッツ

 

ダイエット中でもおやつは大事?

 

大事です。特に筋力アップを目的にボディメイクしている方は、空腹を感じる前に今回紹介したような低糖質高タンパクのおやつを小分けに食べることをオススメします。

それはなぜか。

体は空腹を感じると、必要な栄養素を筋肉を分解してエネルギーに変えようとしてしまいます。それではせっかく頑張ったトレーニングの結果も半減。お腹いっぱいおやつを食べる事はオススメしませんが、数回に分けて腹持ちの良いナッツ類を補給することで、筋肉の分解を防いでくれる効果があるのです。

 

空腹感を感じる前にちょっとずつナッツを食べるのはトレーニング的にも大正解なんです。なのでロカボナッツをおやつとして補給するのは理にかなっているんですね。

 

だからといって、空腹を感じてポテトチップスやチョコレートをモリモリ食べたらダメですよ。糖質ばかりでタンパク質が補給できないオヤツはNGです。止めておきましょう。

 

 

 

私のように一つ授業があると、次の食事までかなり感覚が空いてしまうような職業の方には、是非デスクに常備しておいて欲しいロカボナッツの紹介でした。

 

それにしても自分でこれを選んでプレゼントしてくれる小学4年生…

意識高いぜ!ありがとう!

 

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

石川 直紀
石川 直紀
大学時代に歌舞伎町の客引きのアルバイトから始まり、数々の職(中には人にはそうそう言えない職も…)を経て独立し、現在は千葉県船橋市でパソコンスクールの経営と、PC・スマホの出張トラブルサポート事業を展開中。
27歳の時に発症したパニック障害と戦いながら、仕事と遊びをなんとか両立できないものかと日々奮闘中。気がついたら鼻毛に白髪が混じりだしたアラフォー。