iphoneXの画面修理費用は「31,800円」背面修理は「60,800円」!appleCare+に入らないなら頑丈なケースで保護しようぜ!

iphoneⅩカバー

こんにちは。
iphoneⅩにしてもappleCareに入らない男、石川ですこんばんは。
なぜって?それはappleCareが高いからに決まってるじゃないですか!
だって保証期間2年で22,800円(税別)ですよ。安いスマホなら一台買えちゃう。その上、画面損傷の修理は無償ではなく一回3,400円が必要です。その他の修理は一回11,800円。

詳しくはこちら

appleCare

 

それでも加入する人が多いのは、iphoneⅩ本体の価格が高いというのもありますが、appleCareに入らなかった場合の修理費用がバカ高いという事。

タイトルにもあるように、なんと前面ガラス修理費用が31,800円、その他の修理(背面ガラスなど)は60,800円(共に税別)と
超高額!

モデル iPhone X iPhone 8 Plus iPhone 8 iPhone 7 Plus iPhone 7
画面損傷 31,800 円 19,800 円 17,800 円 19,800 円 17,800 円
その他の損傷 60,800 円 43,800 円 38,800 円 38,800 円 35,800 円

 

という訳で流石に今回は加入を悩みました。1分ほど。でも入りませんでした。
だって今までiphoneの画面なんて一度も割ったこと無いもの。ちなみに何回も落としていますが。

その理由はいつも必ず、頑強なケースと強化ガラスフィルムでしっかりカバーしているから。

『カバーを着けていたって割れる事もあるじゃないか!』という反論が聞こえてきそうですが、これから紹介するケースはかなり頑丈です。ちなみに以前iphone6を使っていた時に、エスカレーターの2階から1階にスポーンと落としてしまった時も傷一つ付かなかったほど。

そんな私のオススメケースがこちら。

“iphoneXの画面修理費用は「31,800円」背面修理は「60,800円」!appleCare+に入らないなら頑丈なケースで保護しようぜ!” の続きを読む

iphoneⅩで写真を撮ったら「.heic」という拡張子で開けないときの、拡張子変更などの対処法!

heic変換

先日、いつものようにiphoneで撮った写真をGoogleフォトにUPして、必要なデータをPCに取り込もうとしていたときのことです。

Googleフォト

ダウンロードした画像ファイルを確認してみると、今まで見たことのない拡張子が…

「.heic」何でしょうかこれは?

heic

調べてみると、iOS11から採用された拡張子で、画像の画質を落とさずに容量だけを圧縮できるという新らしい拡張子らしいです。
容量を節約できるのは良い。ただ、開けるソフトが無いんじゃ意味ないじゃん!
こういう事をいきなりやるのがappleです!さすが王様。

ちなみにWindowsのフォトビューアーで開こうとしてもダメ。

現状ではWindowsに互換性のあるソフトは見当たりませんし、主要ブラウザもまだheicの変換や表示機能は実装されていない模様。※Googleフォトではheicも普通に表示されているので見分けがつかないのも問題。

それならば良く見慣れたJPEGに変換するのが一番早いという事で、本日はその方法の紹介になります。

まずはGoogleフォトではなく、Dropboxのカメラアップロード機能を使ってみよう!

Dropbox

無料
(2017.11.24時点)
posted with ポチレバ

写真のCloud保存と言えばiCloudよりもDropboxよりも容量無制限のGoogleフォトが最強なんですが、こと今回のheic問題に関してはDropboxを使うのが正解です。

Dropboxアプリには写真をクラウドに保存する際に、HEICかJPEGかを選択してからアップする機能が実装されています。

Dropbox

設定→カメラアップロードの項目から→『HEIC形式の写真の保存方法』をJPEGにするだけ。

これでDropboxからUPして保存される画像は自動的に、JPEGに変換されWindowsでも今まで通り扱うことが可能です。

無料のHEIC→JPEG変換サービスやソフトを使ってみよう

探せば問題解決の糸口はあるもので、既にいくつかのheic変換サービスがありました。

一つ目

Convert Heic Photo to JPEGs

こちらも画像をドラッグ・アンド・ドロップするだけで、heic→JPEGに変換してくれるサービスです。

 

続いて二つ目

HEIC変換フリーソフト

heic変換

こちらも同様の機能です。ファイルを選択するか、同じくドラッグ・アンド・ドロップで拡張子の変換が可能となります。併せて画質の調整やEXIF情報を残すかどうかの設定もできちゃう優れもの。

ちなみにEXIFとは

 

いわゆる写真に含まれる画像データ以外の位置情報などを含めるかどうかを設定できるということです。ネットに投稿する画像から位置情報を割り出すことなんて事も出来るので、公開する写真などであればEXIF情報は残さない方が良いですね。

最後にこちら。
iMazing HEIC Converter

こちらはPCにインストールするタイプになりますが、MacでもWindowsでも無料で利用可能です。

使用方法は上記の2つと全く同じ。heicファイルを選択してドラッグ・アンド・ドロップ。

heic変換

ファイルは複数まとめて変換可能。

無事、JPEGに変換されてプレビューで表示されるようになりました。

久しぶりの投稿になりましたが、備忘録的にこういった記事も書いていこうと思います。
今後もよろしく。

iOS11の便利機能「キーボードを寄せる」を使えば、手が小さくても片手打ちが可能になるよ!

手が届かない

iOS11の目玉機能として昨日の記事で、録画機能を紹介しました。

 


 

実は他にもiOS11には便利な機能が沢山あるんです。

その中でも地味ながら痒いところに手が届く機能が一つ追加されました。

それが「キーボードを」寄せるという機能。

キーボードを寄せる

どうですか?微妙にキーボードが右に寄っているのが分かると思います。
これなら私でもキーボードの端まで指が届くので、片手フリック入力ができるようになりました。

という訳で簡単な設定なので、手が小さい方は早速設定してみましょう。3秒で設定できます!

“iOS11の便利機能「キーボードを寄せる」を使えば、手が小さくても片手打ちが可能になるよ!” の続きを読む

【注意】32ビット版アプリはiOS11では動作しないよ!アップデート前に確認する方法

32bitアプリ

iOS11ではかなり操作性が変化し、追加機能も多く実装された事からすぐにアップデートをしちゃう方も多いと思います。

しかしこういったiOSの大型アップデートの際には、Appleは結構問題を起こしたりするので注意が必要です。

ただ私は速攻アップデートちゃいました。※こういう人を人柱と呼んで、バグなどを確認させたあと改善版が出たらアップデートする方々が一番賢い。

そして今回のアップデートではトラブルではありませんが、事前にこんな告知がありました。

「32bitアプリはiOS11では機能しません」

これはどういう意味でしょうか?

ニュースサイトから一部引用します。

 

  
簡単に言えば、「iOS11に対応していないアプリはアップデート後は動かなくなるよ~もしくは消えちゃうからね~」ってことです。

 

実際に私もお気に入りのアプリが動作しなくなり、代替アプリを探し中です。

iOS11対応外アプリ

もしアナタのお気に入りのアプリや使用頻度の高いアプリが最新版のiOS11に対応していなかったら?それはそれは悲しい結果が待っています。
そうならないために、お気に入りのアプリがiOS11に対応しているかどうか事前に確認する方法を説明したいと思います。

 

使っているアプリがiOS11に対応しているか確認する方法

 

まずは「設定」→「情報」を開きます。

iphone設定

 

次に「App」と開くと「App互換性」というページが表示されます。

 

iOS11対応外アプリ

ここに表示されているアプリは現段階ではiOS11に対応しておらず、アップデートしたら最後、起動しなくなるか消えてしまう運命にあります。

試しにアプリをタップしてみると…

※こちらはiPad版での互換性の確認画面です。

なんと既にAppストアにすらアプリが存在しておらず、今後のアップデートなどについては開発元に直接問い合わせて下さいとの表示が…

 

なので、ここに使用頻度の高いアプリが表示されていた場合はiOS11にするのは少し待ったほうが良いかも。

 

対応策は?

 

残念ながら、開発元がアップデートをする気が無いとか、すでにアプリをAppストアから引き上げている場合は有効な対策はありません。

すぐにiOS11にアップデートをする必要なんてないという方は待ちの姿勢がベターです。

 

または代替アプリを探すとか?

 

私が愛用していたSwiftというアプリは、既にストアから姿を消していてもう二度と利用は出来ないようです。

 

どんなアプリかというと

動画の再生スピードを調整して早見・遅見が調整できるというアプリ。

 

倍速再生アプリはあるのですが、音声も含めてスムーズに再生してくれるアプリって実は殆ど無いんですよね。

 

 

というわけで、ただいま絶賛代替アプリを探索中です。

 

32bit版アプリではなくても不具合が出る可能性も

 

WordPressでブログを持っている人は、iphoneで執筆する際にPressSyncというアプリを愛用している方も多いはず。

 

Kerio Connect Sync

Kerio Connect Sync
開発元:Hiroaki Hayase
無料
posted with アプリーチ

 

ですが

 


との事。

 

やはり大型アップデートの際は「見(ケン)」の姿勢が一番安心かも。

周辺機器にも影響が出る可能性もあり

 
私はmophieというメーカーのワイヤレス充電機能付きバッテリー内蔵ケースを愛用していたのですが、iOS11にアップデートした途端に認識しなくなりました。
 
mophieバッテリー内蔵ケース
 
 ちゃんと背面のバッテリー表示は満タンなのに…
 充電されない!
 

ということはApple以外の純正品以外のケーブルを使っている人は、同じく認識されなくなる可能性があります。
Amazonなどで「Apple認証済み」と書いてあっていてもそれは以前のiOSに準拠したモデルなので、最新のiOSでは認識しなくなるという事は多々あるのです。
 
というわけで周辺機器にも不具合が出る可能性があるので、その辺りにも注意を払ってみて下さい。
 

※代替案として、iOS11に対応したワイヤレス充電ケースが出るまでは、ankerのバッテリー内蔵ケースに切り替える予定です。
 

 

 
このメーカーは不具合が起きた場合などは18ヶ月の製品保証があるので、もし最新のiOSで動作しなくなった場合などは代替品を送ってくれたり新品と交換してくれたりと非常に親切なメーカーでオススメです。

iOS11から追加された「画面収録」機能の設定から、実際に録画する手順を動画付きで説明!

画面録画

新型iphoneの発売に先立って、19日にiOS11が配布されました。

今回のアップデートは比較的変更点が多く、いきなりアップデートすると戸惑う点も多いと思います。こうした大型アップデートの時は事前準備なしにインストールを行うと思わぬ落とし穴があるので、必ずバックアップを取ってからにしましょう。

さて今回追加された機能の中の目玉といえば、「画面録画機能」じゃないでしょうか。

今までiphoneやiPadの画面を録画しようと思ったら、海外製の怪しいアプリを使うか、PCのディスプレイにミラーリングしたiphoneの画面を別のソフトを使って録画するくらいしか方法がありませんでした。

しかし今回はiphone・iPad単体で画面の録画が可能になりました。

ただし、iOS11にアップデートしただけの状態ではまだ利用不可。幾つか設定が必要です。

という訳で、今回はさっそく録画した動画も使って、「画面収録」の方法について説明したいと思います。

“iOS11から追加された「画面収録」機能の設定から、実際に録画する手順を動画付きで説明!” の続きを読む

【誰でも分かるiPhone比較】今から機種変を考えている人はどのiPhoneを買えば良いの?毎年iPhoneを買い換える筆者が誰でも分かる特徴を比較してみたよ!

昨日も一昨日もiPhone関係の記事を書きましたが、それを読んだ方から「機能はわかったけど、実際に機種変するなら何が良いのかよく分からない」との指摘を受けました。

確かに、iPhoneをモデル別に表にして機能を比較しているところをみますが、IT業界の人ならまだしも、CPU、GPU?メモリがどーだの言われてもよくわからないと思います。

教室でも「機種変考えてるんだけど一番新しいのにしておくのが無難?」なんてよく聞かれます。

否。そんなことはありません。
誰彼もがiPhoneⅩにする意味は無いと思っていますし、毎年iPhoneを買い換えるいわゆる「信者」や私のように常に最新のIT機器の説明を求められるような職業の人だけがスペック表などを比較すればいいと思っています。

なので、誰にでも分かりやすいように専門用語はできるだけ少なめに(ちょっとした解説も加えながら )iPhoneⅩ iPhone8 その他のiPhoneの
特徴を説明して、機種変更の判断材料にして頂ければと思います。

 

 

iPhoneⅹを買うべきなのはどんな人?

 

iPhone10

  “【誰でも分かるiPhone比較】今から機種変を考えている人はどのiPhoneを買えば良いの?毎年iPhoneを買い換える筆者が誰でも分かる特徴を比較してみたよ!” の続きを読む

ホームボタンが無くなったiPhoneⅩは購入するべき?搭載された新機能、デザインなど特徴を総まとめ!

iPhoneⅩ

AppleWatch Series3、iPhone8の発表と併せて今回の目玉商品は、「iPhone X」でしょう。読み方は「エックス」ではなく10周年記念を意識した「テン」です。

最も大きな特徴はiPhone最大の特徴とも言える、ホームボタンの廃止。発売以来ずっと大きな役割を果たしてきたホームボタンが無くなった事で何が変わったのでしょうか?

 

ホームボタン廃止

 

ホームボタンを無くしベゼル(液晶ディスプレイなどにおいて、表示部分を支持および保護する機能を持つ部分)が極端に薄くなった事で、ディスプレイを大きく使うことができるようになったというのが最も大きな特徴となります。

 

ベゼルレス

 

7の次が10という事で、8の次は何が出るの?など既に気になる点ではありますが、既存モデルとの違いをメインに、何がどう変わったのか見ていきましょう。

“ホームボタンが無くなったiPhoneⅩは購入するべき?搭載された新機能、デザインなど特徴を総まとめ!” の続きを読む

iPhone8、iPhone8Plusが9月15日16時01分から予約開始!発売日は22日。iPhone7からの変更点などまとめ!

iPhone 8

夜中まで起きて、Appleの新製品発表会を見ていたので寝不足です。

ほぼ事前の予想通りiPhone8、iPhone8Plus、そして記念モデルのiPhoneⅩが発表されましたね。

iPhone8 iPhone8Plus

 

内容も事前リーク通りで、あまり驚きがなかったというのが今回の感想です。最近Appleの情報リークってわざとやってるんじゃないかってくらい、モロバレですよね。笑

 

それではまず、iPhone8、iPhone8Plusがどう変わったのか。購入するに値するのか。iPhone7からの変更点を分かりやすく解説していきたいと思います。
“iPhone8、iPhone8Plusが9月15日16時01分から予約開始!発売日は22日。iPhone7からの変更点などまとめ!” の続きを読む