ジム通いのかさばる荷物に折りたたみできるコンパクトな「マリンシューズ」なんじゃないかと思った件

ジム用シューズ

超久しぶりの更新となりました。大丈夫です生きてます。

何事も一回離れるとダメですね。毎日ちょっとずつでも更新しないと。

まあそんな僕でもずっと続いている習慣があります。
それがジム通い。22歳から16年ずっと毎週3回は行ってます。

僕の場合は「痩せたい」が目的ではなくて「美味しいものを好きなだけ食べても太らない体を作りたい」
なので、食べたらその分動く!筋トレする!
超ストイックに糖質制限したらそりゃもっと効果は出るんでしょうけど、ラーメンもご飯も食べたいですしね。
食の楽しみが僕の人生における最も重要な要素なので、ここは譲れません。

で、前置きが長くなりましたが、ジムに行くにはジムウェアやタオルやシューズなど運動用具が欠かせません。

でも僕のように仕事の前後にジムに通っている人間は、仕事道具以外にジムグッズが増えるわけですから、荷物がパンパンになります。
その中でもかなりのスペースを取るのがジム用の運動靴。
以前はこれを履いてました。

NIKEid
ナイキシューズ

NIKEidというサービスで自分専用のカラーを選択して作ったジム用シューズでしたが、いかんせん荷物内のスペースを取りすぎる。バッグに入り切らないんですよね。

ジムによっては自分専用のロッカーを契約することもできますが、できれば無駄にお金は払いたくない。
でもシューズは必要。困ったもんだ。

という訳で『何かコンパクトでしっかりグリップできるシューズはないかなあ?』と探していたところ、『海や川で使うマリンシューズはジム向きなんじゃないか?』と考えて買ってみました。

マリンシューズはジム用の運動靴として使えるのか?

マリンシューズ

こちらが購入したマリンシューズ。ブランドはtoimichiというあまり聞いたことのないブランドです。※現在はこちらからは入手不可。

厚さもこの程度で非常に軽いです。

スリッパのように、ストレッチ素材になっている履き口を広げてスッと足を入れます。

履いてみたらこんな感じ

ちなみにお値段1500円前後。僕は1399円で購入しました。安すぎて不安。

ジム用シューズとしての履き心地、グリップ力はどうなの?

裏面を見るとかなりしっかりとしたソールで、グリップ力もなかなか。

ストレッチ素材で伸び縮みするので、0.5センチくらい普段よりも小さめのサイズを選ぶとフィット感もGOODです。足が靴の中で動いてしまうようなこともありません。

ジム用シューズで大事な事は、『適度なクッション性があり、足がブレない程度にフィットしていて安定性のあるもの』
マリンシューズは海や川で履いて使うことを本来の目的としているのでこの部分もクリアしています。

携帯性が抜群。これでジムのシューズが持ち歩けない問題も解決!

何よりただでさえ薄くて軽いシューズなのに、柔らかいから折りたたんでジムバッグに収納できる点が丸です。

あまりに気に入ったので、別色と紐付きで3足購入してしまいました。

トレーニングシューズ

トレーニングシューズ

ジムシューズは派手なくらいがちょうどいい!!

ぜひ通勤前後のジムの荷物(特にシューズ)問題に困っている方はこちらを試してみてください!

糖質制限・ボディメイク中でも大丈夫!小腹が空いたときのおやつに最適な「ロカボナッツ」をご紹介。

ロカボナッツ

先日、教室の小学生から『いつも先生のおやつ勝手に食べちゃってるからコレあげるね!』とプレゼントを貰いました。

 

どうやら私のデスク上に置いてあるローストアーモンドをいつも少しずつ拝借していたらしく、そろそろ無くなっちゃいそうなのでこれで補給してくれ!とのこと。

 

ナッツ類はカロリーが高く、食べ過ぎると太るのでは?という印象を持ってい方も多いかと思いますが、実は小腹が空いたときのおやつとしてはかなり優秀なんですよ。

その理由を説明します。
“糖質制限・ボディメイク中でも大丈夫!小腹が空いたときのおやつに最適な「ロカボナッツ」をご紹介。” の続きを読む

【筋トレ】忙しい朝の栄養素補給い最適!ついつい食べすぎた翌日のカロリー調整に役立つプロテインスムージーの作り方!

プロテインスムージー

居酒屋探訪記事を書いたり筋トレ記事を書いたり、痩せたいのか太りたいのかよく分からないキャラの@NaoQuixote ですこんばんは!

最近は好きなものを食べても理想の体型を手に入れる事ができるトレーニング方法・食事管理を模索しつづけています。

先月はビール断ちをしたら一ヶ月にどれだけ痩せられるかを検証してみました。

 

結果だけ言えば、1.25キロ減。体脂肪率で1.5%の減量に成功。ただ、一生ビールを止める事は出来そうにないので、9月から再開します。(笑)

だって好きなものを食べられない生活をして人生楽しいですか?私は楽しくない!

しかし、好きなものを好きなだけ食べて運動もしなかったら太ってしまうのは明白です。

そんな事は分かりきっているので、(できるだけ)好きなものを我慢せずに食べて生きていくにはどうしたら良いのか?

それは、一日単位での食事調整です。夜に食べすぎたと思ったら翌日朝、昼に調整すればいいのです。

 

そこで本日は私が実践している食べすぎた翌日の、栄養満点簡単カロリー調整メニューを一つ紹介します。
“【筋トレ】忙しい朝の栄養素補給い最適!ついつい食べすぎた翌日のカロリー調整に役立つプロテインスムージーの作り方!” の続きを読む

間違ったダイエットは今すぐやめよう!地道な運動と食事の調整が一番の近道だという話。

ベースパスタ

ビール断ちを始めて、明日で一ヶ月。やればできるもので、特に家に帰ってからロング缶2本を毎日飲むという悪しき習慣は過去のものとなりました。

私はみんなで飲んだり、美味しいものを食べたりという事が、人生の優先順位の中でもかなり上位なので、好きなものは制限したくありません。ただ、ビール一日二本とハイボール、※時には最後にウイスキーをストレートで一杯。

なんていう生活は、さすがに飲み過ぎ。40代も近くなってきたことで、ビールを一ヶ月止めて、体調の変化、体型の変化を記録するというのが今回の目的でした。

じゃないとアル中か、痛風まっしぐらですからね笑

最近流行りの糖質制限ダイエットなどをストイックに実践している人をみると、『糖質制限ダイエット中なのでラーメンは絶対に食べない!』とか『お米は炭水化物の塊なので食べない』というような極端な食事制限は絶対に続けられそうもありません。それにその生活を一生続けられるならまだしも、日本という国でこんなに美味しい食べ物を避けて暮らす事はかなり難しいと思います。

 

ただし「好きなものを好きなだけ食べる」生活で痩せられる訳もないので、食事制限ではなく、ビールだけを止めた上での食事「調整」はこの一ヶ月毎日行ってきました。

という訳で本日は間違ったダイエットの知識を正す、栄養素の重要性と、食事制限ではなく、食事調整の違いについて書いてみたいなと思います。
“間違ったダイエットは今すぐやめよう!地道な運動と食事の調整が一番の近道だという話。” の続きを読む

体重をアプリと連動して簡単に記録する「multifun 体組成計」は面倒くさがり屋のダイエッターにピッタリ!

Bluetooth体組成計

一昔前にレコーディングダイエットなるものが流行りましたよね。でも食事記録、体重、体脂肪率などをこまめに記録するというのは、私のような面倒くさがり屋には向いていませんでした。

しかし最近の体重計は乗るだけで、その日の体組成を全てアプリに記録し保存してくれます。

漠然と毎日のトレーーニングをこなしていると、体重管理などのモチベーションを保つことが非常に難しいですが、乗るだけで体重、体脂肪率、筋肉量などの測定をしてくれるならばそのハードルはぐっと下がります。

以前はOMRONの体重計を使っていたのですが、値段が少し高めなのと、スマホとの同期が面倒という難点がありました。

何しろ機種変する度に専用のコードを使って端末と同期するので、そのコードを失くしてしまった今ではただの体組成計。※Wi-FiのWPS同期という方法もあるのですが、ウチには固定回線を引いておらずその方法も使えない。またアプリとの同期も一度設定したWi-Fi以外ではエラーになってしまう・・という点で不便さを感じていました。

 

という訳で、安価ではあるが評価の高い体組成計に買い換えることに。

以前のOMRONの体組成計と比べると一回りサイズが小さく、ボタン類など何もないシンプルなデザインが特徴です。

OMRON体組成計比較

値段もなんと3000円台。※OMRONは1万円以上しました。
“体重をアプリと連動して簡単に記録する「multifun 体組成計」は面倒くさがり屋のダイエッターにピッタリ!” の続きを読む

ジムに通わなくてもOK!目指す体型に導いてくれるパーソナルトレーナーアプリ「Results」で運動を習慣化!【ビール断ち1日目】

フラットアウトパービー

先月31日にビール断ちを決意。併せて1ヶ月での体型変化を37歳の自分への最初のミッションとした。

 


※前日に嫌というほどビールをがぶ飲み!未練を断ち切った 笑

 

しかしただ漫然と1ヶ月を過ごしていたら、きっと何も変わらない。
意思の力だけではなく自分自身の周りの環境や、通うだけで満足していたジム通いをもっと効果的な習慣に変えるべく、一つのアプリを導入した。

 

Runtastic Results 自重筋トレ パーソナルトレーナー

Runtastic Results 自重筋トレ パーソナルトレーナー
開発元:runtastic
無料
posted with アプリーチ

 

それがこちら。
“ジムに通わなくてもOK!目指す体型に導いてくれるパーソナルトレーナーアプリ「Results」で運動を習慣化!【ビール断ち1日目】” の続きを読む

【脱ビール腹】ビールを止めて筋トレすれば腹はヘコむのか?アラフォーおじさんが1ヶ月かけて検証してみるよ!【前日】

ビールとツマミ

37歳になって決意したことがある。

それは「スポーツに適した体を作る」こと。その結果「腹を凹まして腹筋が見えるようにする」ところまで達成することだ。

というのも先日久しぶりに友人とサーフィンに出かけたところ、体が重くて波について行けない…

パドリングしても全然スピードは出ないし、すぐ疲れる。同い年の友人はバンバン波を取っている。こりゃあ悔しい。

 

悲しい目で海を見つめる

悲しい目で海を見つめる私…

 

同じように波に乗るには、練習をすることも当然だけど、体の基本性能を上げること。

それにはこの体重は重すぎる。それに腹も出てきた。

そりゃそうだ。だってこの10年間、毎日晩酌にビールをかかした事は無い。

おおよそ使った金額も

365日×10年×500円=1,825,000円

なんだかとんでもない数字が出てきましたよ。田舎なら一軒家が買えそう。

摂取カロリーも計算してみましょう。ビールのロング缶(アサヒスーパードライ)が100g辺り42kcal

500のロング缶で約210kcal

365日×10年×210cal=766,500kcal

脂肪一キロを落とすのに必要なkcalが約7000kcalと言われているので、単純計算で109.5キロの体脂肪を付けるほどのカロリーを摂取してきたわけです。※これがそのまま体に付くわけではないですけどね。
“【脱ビール腹】ビールを止めて筋トレすれば腹はヘコむのか?アラフォーおじさんが1ヶ月かけて検証してみるよ!【前日】” の続きを読む