相手の心理を読め!1対1のボードゲーム「ガイスター」が面白すぎてハマると相手に嫌われるかも 笑

立て続けに、1対1で楽しめるボードゲームの紹介です。

その名もガイスター!
1982年に発表されたとても歴史あるゲームなのですが、アナログゲーム自体の知名度が低いこともあって、周りで知っている人が少ないという現状を変えたいと思って今回の投稿となりました。

ガイスターはアレックス・ランドルフという、ボードゲーム界では神様のような存在の方が作ったゲームでして、このガイスターの他にも名作ゲームが目白押しとなっています。※他のゲームも随時紹介していきます。

ルールは将棋やチェスに似た、盤面を移動して相手の駒を取るか、目的の位置まで自分の駒を運ぶだけというシンプルなゲームなのですが、一つ特徴的な工夫があることで、このゲームを非常にスリリングかつ「心理戦」の要素も入った名作ゲームとして君臨させる要素となっています。

ガイスターの遊び方

裏箱の説明にもあるように、このゲームの肝は「心理戦」です。ルールも単純なので、子供でも年配の方でもすぐに楽しめる上に、年齢に関係なく勝利することもできる、非常に良いゲームバランスとなっています。

さてルールの説明です。

まず、ゲームには赤いお化けの駒8個、青いお化けの駒8個があります。
これをお互い赤青4個ずつ自陣にランダムに設置して、ゲーム開始となります。

写真で分かる通り、自分からは赤いお化け、青いお化けの配置がわかりますが、正面の相手の駒はどれが青でどれが赤なのかは全く分かりません。

この全ての駒は将棋で言うところの王将と同じ動きができます。逆に言えば王将以外の動きができる駒はありません。

勝利条件は3つ

・交互に駒を動かしていって相手の青のお化けを4つ取ったら勝ち
・逆に相手に赤のお化けを4つ取らせても勝ち
・盤面の四つ角にある矢印を青のお化けで通過したら勝ち

これはもう相手の駒も周りにありませんし、青のお化けが相手の陣地の最後まで侵入したのでチェックメイトです。

逆にこの場合は、相手に青の侵入を許してしまったので、負けとなります。

プレイ中のハラハラ感がたまらない

 

例えばこの状態。相手の赤のお化けをもう一つ取ってしまった時点で負けとなります。

自分からは全ての配置が見えていますが、このまま右上の赤を相手陣内に侵入させ、赤と思わせて相手に取らせてしまえば勝ちとなります。しかし、邪魔をしてきた相手の駒を取って、それが4つ目の赤だった場合は負けとなります。

※ただし、赤のお化けは相手の↑の向こうに抜けることはできないので、矢印まで到達した時点で相手が取ってくれなければ、その次のターンで動くことが出来ないので、赤とバレてしまいますよね。

なので、青でガンガン攻めて、全て取られてしまっても負け。青と思わせて陣地に侵入しても、赤と看破されてしまって取ってもらえなくてもダメ。と相手の心理をどう誘導するかという一点にこのゲームの面白さが詰まっていると言っても過言ではありません。

絶対に1回では終わらない 笑

 

運の要素よりも、どう相手を出し抜くかという心理的な要素が強いゲームなので、負けた相手は悔しくてどうしても『もう一戦!』と言ってしまいます。

一ゲーム5分~10分で決着がつきますが、気がついたら20ゲームくらいして2時間以上経過していたなんてこともザラ。

相手の心理を読むのが苦手、ポーカーフェイスが出来ないという方はこのゲームで嘘をつく練習をしてみては?w

ちなみに僕、結構強いです。詐欺師の才能あり?

お値段も2800円と手頃なので、簡単なプレゼントとしても喜ばれるかもしれませんね。

 

 

認知症予防にも良いかも!フランス発のボードゲーム「Quarto! クアルト!」が単純ルールながら盛り上がる!※対象年齢6~99歳!

最近教室で、小さなお子様がいるお母さん方から『息子がスマホばかりして困っている』『アプリの使用制限などはできないの?』というような質問を受けることがあります。

確かに最近のスマホゲームは良くできていて、小さな子供でも説明書ナシに勝手にプレイして、そのままどっぷりハマっちゃうというケースを多く見てきました。
3歳児程度でも、youtubeを開く→アンパンマンの動画を検索する→没頭。
なんて光景も。
それがスマートフォンの特性でもあるんですよね。直感的に操作できて、いつの間にか使えるようになっている。
それ自体は悪いことではないのですが、「一人でずっとゲームをしている」という状態は確かに良くないとは思います。

かの高橋名人(古い?w)も『ゲームは一日1時間まで!』と仰ってました。
とはいえ面白いゲームを1時間で止められるわけもなく、親にゲームを隠されたりという経験は誰もが遠ってきたのではないでしょうか?

で、話を戻しますがゲーム自体は悪いことではないのです、そこから論理的な思考力や、雑学などを吸収できる良質なゲームもありますし、使用制限をしたところでそれはスマホの利便性も残ってしまいますし、何より子供の自主性の教育という点ではあまり厳しく規制する事でいい結果が生まれるとは思えないのです。
※私がそうでしたから。

懐古主義ではないですが、昔のゲームは良くも悪くも、『みんなで楽しめる』というコミュニケーションの要素が多くあったように思えます。
一人だけでガチャを周したり、ポチポチパズルを解いているだけではコミュニケーションは発生しないですからね。その点を気にしている親御さんが多いのだと思います。

で、解決策としては『親御さんも一緒に参加できるゲームをプレイしたらどうですか?』という提案をしています。
それもデジタルではなく、懐かしのアナログゲームです。
これなら、一人では出来ませんし、親子でのコミュニケーションの機会も増えます。

僕らの世代では、人生ゲーム、モノポリー、UNO、この辺りをやったことがない人の方が少ないんじゃないでしょうか?特にお正月なんかは親戚同士で大盛り上がりした思い出も。

しかし、そのような有名ゲームの他にも世の中には沢山の隠れたボードゲームの名作があります。
本日はその中からフランス発の二人用対戦ボードゲーム「Quarto! クアルト!」の紹介をしたいと思います。

クアルトの特徴

端的に言えば、このゲームは「四目並べ」とほぼ変わりません。
4×4のボードの上に、形の異なる駒を並べて、特定の条件を満たした場合に勝利となります。

ただ、このゲームが一風変わっているのは、自分が次に置く駒を選べないということ。
手番が終わったら、相手に残りの駒の中から任意の形の駒を渡し、それを順番に置いていくという流れになります。

1993年発売のゲームですが、数々のゲームの賞を受賞しています。

特徴的な駒は、形、色、高さ、穴の有無で、合計8種類

形(四角 or 円)
色(木目 or 黒)
穴(有 or 無)
高さ(低 or 高)

さて、これらを踏まえてゲームのルールを説明していきます。

クアルトのルール

まずはジャンケンでもサイコロでも良いので、先行を決めましょう。

ここで先行は、一つ好きな駒を相手に手渡し、置いてもらいます。
後攻は、駒を置いたら、今度は次の駒を相手に手渡して、16マスのボードの何処かに置いてもらいます。※どこにおいても自由。

この様に駒を手渡ししながら、8種類の駒で特定の条件を満たした4列を作った側が勝利となります。

例えばコレ。

色、穴あり、高さと全て違いますが、形が四角で統一されているので、この時点で勝利条件確定です。勝った場合には声高に「クアルト!」と宣言しましょう。
※ここで、勝っていることに気づかず、相手に指摘されたら逆に負けとなります。

勝利条件一覧

・全て同じ色で揃える
・全て同じ形で揃える
・全て同じ高さで揃える
・全て穴ありで揃える
・全て穴なしで揃える

たった6個の勝利条件なのですが、高さや色狙いで置いていったら、相手に形で揃えられてしまうというような事も多々起こるのが、このゲームの面白い所。

この画像を見て、どこが勝利条件を満たしているのか一瞬でわかった人はセンスあると思います。

正解は 穴なしの1列ですね。すぐわかりました?

詳しい遊び方の動画もありました。

実際に91歳の祖母とクアルトで遊んでみた

ルールは簡単なので、対象年齢6歳~99歳というのも頷けます。ただ、終盤ではかなり頭を使った戦略や注意力が必要になります。

そこで、91歳の祖母と対戦してみることにしました。実家の祖母は7年前に祖父を、4年前に愛犬を亡くしてしまってから、認知症気味になり現在は「要介護」一歩手前の「要支援」という状態です。
少しずつ昔できたことができなくなっているような感じですね。
それでもルール自体はすぐに把握していました。

頭を使って色々考えてを繰り返すウチに、脳細胞が活性化してくれないかな?という願いも込めて、本気でお相手いたします。

置く場所に困って『ヒントをくれ』というお婆ちゃん。

ヒントをあげつつ、2回ほどプレイしたら一人でもできるようになりました。ついでに『久しぶりに頭を使って気持ちいい』という感想もいただきました。
うん。それが狙いだったからね。

で、その後は33歳の弟と、66歳の父がガチンコ勝負をしていました。

結果→父惨敗。笑 

こういったゲームであれば、コミュニケーションの機会も増えつつ、スマホゲームを規制するまでもなく、お子さんから祖父母まで一緒に楽しめて良いんじゃないでしょうか?

クアルトはminiバージョンと、駒とボードが少し大きく高級感のある通常バージョンがあります。

これからクリスマス、お正月と人が集まるイベントが多くある時期。プレゼントとしても喜ばれること間違い無しですよ。