【発見】風邪の時に、暑い日に、毎年活躍の「熱さまシート」を逆さまに見ると陰謀が浮かび上がる…

スポンサーリンク

無愛想な顔でこんにちは。@naoquixote です。

熱さまシート装備

不機嫌なのではなくて考え事をしているのです。
熱さまシートを付けているのは風邪を引いているからではなく、暑い日に考え事をするときのいつものスタイルです。

今朝、とんでもないことに気づいてしまって、発表するかを迷っていました。

しかしこれは気づいたからには伝える義務があると思って筆を取った次第です。パソコンだけど。

さて、これは皆さんご存知の熱さまシート。

熱さまシートを逆さにすると…

僕が本日付けているのは子供用です。

その率直なネーミングの通り、額にシートを貼ると熱を吸い取るという絵が書かれていますね。

パッケージを空けると、2枚シートが入った袋が8個。計16枚入っています。

熱さまシート子供用

熱さまシート大人用

そこで偶然気づいちゃったんですね。

熱さまシートを逆さまにして見るとどうなるか?

熱さまシートを逆さにすると

こんな感じです。
どうです?何かに気づきませんか?

熱さまシートを逆さまにすると

どうみてもこれ、子供も大人も咳き込んでる絵じゃないですか。

カラーで見たら嘔吐しているようにも見えませんか?

熱さまシートを逆にしたら

大人用はハゲたおっさんが辛そうにしているようにしか見えない。子供用も頬が痩けちゃってます…
しかも赤と青のカラフルな嘔吐です。何食った後だよ。

熱さまシートをオデコに張っても効果はない

熱が出るメカニズムは、体の中でウイルスを退治するために白血球などの活動が活発になります。
そしてウイルスの活動も熱が高くなればなるほど繁殖しずらくなるため、体が治ろうとしている正常な反応なんですね。

なので、熱さまシートや氷枕みたいなものは単に「ヒヤッとして気持ちいい」程度の効果しか無いんですね。

引用

お医者さんが言うには、本当に解熱効果を高めるなら、太い動脈が通っている首、脇の下、腿の付け根を冷やすのが効果的だそうです。

僕のように作業してる時に気持ちいいから貼っているくらいが丁度良いんですね。

上記の理由から先程の逆さまにした時に見える咳き込んだ絵は「オイオイ、オデコに貼っても意味ないぜ。悪化するだけだからそんなに期待するんじゃねーぞ」という意味が隠されているように推測しました。

結論

タイトルにも大げさに書いた陰謀論は冗談ですが、ふとした時に変な事に気づくもんですね。
あまり効かない効かないとディスってるとメーカーから怒られそうだけど、まあこんなブログまでチェックしてないでしょう笑

効かないんじゃなくて「オデコに貼ると気持ちがいい」「熱を下げるためなら首や脇の下に貼れ」って使い方で割り切れば良いだけです。

という訳で、風邪を引いたときは無理しないで医者に行くのが一番ですよ。という超当たり前の結論です。

インフルエンザでも、ただの風邪でも体の免疫力を舐めちゃいけません。ウイルスと戦っているから熱が出る。

そのあたりの詳しい仕組みを知りたければ、漫画「はたらく細胞」はとても解りやすく解説していてしかも面白いのでオススメです。

でも俺は好きだから熱さまシートを使い続けるよ!

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

石川 直紀
石川 直紀
大学時代に歌舞伎町の客引きのアルバイトから始まり、数々の職(中には人にはそうそう言えない職も…)を経て独立し、現在は千葉県船橋市でパソコンスクールの経営と、PC・スマホの出張トラブルサポート事業を展開中。
27歳の時に発症したパニック障害と戦いながら、仕事と遊びをなんとか両立できないものかと日々奮闘中。気がついたら鼻毛に白髪が混じりだしたアラフォー。